【特集】ららぽーと名古屋みなとアクルス

赤福の和カフェ「赤福茶屋」は名古屋にもある! 冬はぜんざいを提供!

伊勢の名物「赤福
やわらかいお餅をこし餡で包んだ和菓子。
現地で食べた人、お土産にいただいた人も多いのではないでしょうか。

その赤福を買えるのは伊勢のある三重県だけではありません。愛知、滋賀、奈良、京都など、周辺地域でお買い求めいただけます。サービスエリアの売店、百貨店でよく見かけますよね。名古屋駅のお土産売り場にも置いてありますよ。

また、赤福の一部店舗にはカフェを併設しているところも

赤福茶屋」と呼ばれるお店の店内では、赤福と一緒に抹茶をいただいたり、期間限定のスイーツを味わえるんです。

そんな赤福茶屋は名古屋にもあります!
三重県以外では愛知県にある2つの店舗のみ!

そこで今回は名古屋市内にある「赤福茶屋」についてご紹介。メニューや店舗の場所について解説します。

赤福と抹茶のセット

2個の赤福と抹茶のセットメニュー。
おやつにぴったりな量を500円以下で楽しめる。

それぞれ単品での注文も可能。

 

甘い赤福と苦味の効いた抹茶。
交互にいただくことで、それぞれの良さがより引き立ちますね。

赤福1個だと物足りないのですが、3個も食べてしまうとお腹が膨れてしまう。その点、2個の赤福はちょうどいい量でした。注文から提供までの時間も早く、小腹が空きた時におすすめです。

赤福盆:210円
抹茶 :260円

秋冬限定! 身体温まる「赤福ぜんざい」

赤福ぜんざいは冬季限定メニュー。
たっぷりの小豆を使用しています。

甘く煮込まれており、とろみもあって美味しい。豆粒の食感も◎。これは抵抗なく飲めますね…!

お餅は2個。
注文を受けてから焼いています。香ばしく、もっちりとした食感をお楽しみください。

 

セットで付いてくるかり梅昆布

塩気のおかげでお口直しにぴったり。甘さで満たされた口の中をリセットすることで、一口目の感動をもう一度。何度も何度も楽しめる…!

税込価格:520円
提供期間:10月6日〜未定(2018年)

暑い日に食べたいかき氷「赤福氷」

赤福氷は夏季限定メニュー。
上の方はさらさら、ふんわり。
下の方は氷の粒が大きく、異なる食感を楽しめます。

伊勢へ足を運ばなくても、名古屋で気軽に味わえるのは嬉しい限り。

 

氷の中にこしあんを発見!
実はこれ、冷たい氷に合うよう特製のものを使用しているんです。

とはいえ味に大差はない印象。
一口食べただけで「赤福のこしあんだ!」と分かるから不思議。

 

氷の中にはお餅も!
こしあん、お餅、氷を一緒に。赤福氷ならではの楽しみ方を実践してみてはいかがでしょう。

身体が冷えてきたら温かいお茶をどうぞ。お代わり自由となりますので、どうかご遠慮なく。身体を冷やしすぎないよう気をつけてくださいね。

税込価格:520円
提供期間:4月14日〜未定(2018年)

名古屋の店舗は2つ

  • ジェイアール名古屋タカシマヤ
  • 松坂屋名古屋店

2つの店舗は各百貨店の中にあります。お買い物の休憩をかねて、気軽にお立ち寄りください。

以下に各店舗の詳細を載せておきますね。

ジェイアール名古屋タカシマヤ店

場所 地下1階
営業時間 10時〜20時
ラストオーダー 19時30分
定休日 百貨店に準ずる
最寄駅 名古屋駅

松坂屋名古屋店

場所 本館地下1階
営業時間 10時〜20時
ラストオーダー 19時30分
定休日 百貨店に準ずる
最寄駅 矢場町駅