【特集】ららぽーと名古屋みなとアクルス

「東京 竹葉亭 名古屋店」のひつまぶし。鰻の白焼き丼も絶品!

東京、大阪、兵庫、名古屋に店舗を構える「東京 竹葉亭

ひつまぶしを中心とした懐石料理を提供するお店。名古屋店ではひつまぶしや鰻丼を注文する際、「江戸前ひつまぶし」「名古屋流ひつまぶし」の2種類から選べるんです。

この記事では「東京 竹葉亭 名古屋店」についてご紹介。お店の場所、メニューについてお届けします。

「江戸前」と「名古屋」の違い

ひつまぶしや鰻丼を食べるなら、まずは焼き方を決めましょう! 以下の2種類からお選びください。

  • 江戸前
  • 名古屋

江戸前」は鰻を白焼きにした後、蒸してから焼き上げます。そしてさっぱり味のタレが特徴的。

反対に「名古屋」の鰻は蒸しません。タレはたまり醤油と氷砂糖による濃厚な味わい。

薄味でふっくらとした食感を楽しみたいなら江戸前。濃い味や香ばしさを追求するなら名古屋をどうぞ!

ひつまぶし1人前を注文!

こちらは1人前のひつまぶし。
薬味と漬物がセットになっています。(お吸い物は追加注文しました。)

 

1杯目はそのままの味でいただきましょう。

今回は「名古屋」の焼き方で注文したのですが、鰻の皮はパリパリで香ばしく、身はふっくら。甘いタレも美味しくってご飯がすすみますね。

 

2杯目は薬味をトッピング。
それぞれが味のアクセントとなり、また違った味わいを楽しめることでしょう。

 

  • ネギ
  • わさび
  • 山椒の実
  • 海苔

薬味は4種類。
山椒の実と一緒に食べられるのは珍しいので、山椒好きの方におすすめです。ほかのお店に粉末はあっても、実は無いことが多いので。

 

3杯目はお出汁をかけてお茶漬け風に。残った薬味を添えても美味しいと思いますよ!

4杯目以降はお好みの味で。
気に入った組み合わせをもう一度いかが?

ひつまぶし

1人前 3860円
1.5人前 5,570円

丼スタイルでいただく鰻

白いご飯に鰻の白焼き。
わさび、醬油、ネギを添えて。

このように、鰻の白焼きも丼でいただけるんです。わさび醤油とネギはさっぱり味で美味しく、食欲がなくても食べられる! タレの気分ではないときにぜひ!

もちろんタレでいただく丼もありますのでご安心ください。各メニューは鰻の大きさ・量によってランクアップします。

鰻丼

椿 3,650円
4,500円
5,250円

 

肝吸い、または赤だし付き。
鰻を堪能するなら肝吸いを。赤味噌に縁がない方はこの機会に飲んでみてはいかがでしょう。

お店の場所

お店の場所はJRセントラルタワーズ12階。レストランフロアの一角にあります。

名古屋駅に直結しているためアクセス良好。観光客の人にもおすすめです!

東京 竹葉亭 名古屋店では、今回ご紹介したメニューのほかにも様々な料理を取り揃えています。ひつまぶしを含むコース料理もあるので、気になる方は足を運んでみてください。

東京 竹葉亭 名古屋店

昼の営業時間 11時〜15時30分
昼のラストオーダー 15時
夜の営業時間 17時〜23時
夜のラストオーダー 21時30分
定休日 なし
電話番号 052-589-0112
場所 JRセントラルタワーズ12階