【宿泊記】ダイワロイヤルホテル D-CITY 名古屋納屋橋に泊まった感想

名古屋のホテルを巡る。
今回宿泊した施設はこちら!

ダイワロイヤルホテル D-CITY 名古屋納屋橋

2018年8月開業。
ちょうど開業1周年のプランを見つけたので、実際に泊まってみました。

一番良かった点は、フロアから客室まで徹底されたデザイン

“ニューヨーク” をコンセプトに、ホワイト、ブルー、ピンクを基調としたカラーリングで統一されているんです。

 

か、かわいい…。

従来のビジネスホテルのイメージを覆すようなデザインですよね。白と青、爽やかでおしゃれな印象も◎(ピンクカラーは最上階のレディースフロア)

今回はスタンダードルームに宿泊。
客室の中はどうなっているのか、写真付きでご紹介します。

ダイワロイヤルホテル D-CITY 名古屋納屋橋に宿泊!

扉を開けるとこんな感じ。
さっそく素敵な世界観が広がっていました。かわいくて気分!高まる!!

 

手前右側に洗面台。
トイレやシャワールームの外にあるのは珍しい気がします。

ちなみに、歯ブラシなどのアメニティは客室内にありません。フロントで好きなものを選べるようになっていました。必要なものがあればご自由に持っていきましょう。

 

トイレとシャワールーム。
扉によって区切られているのは嬉しい。

ホテルに浴場を備えているため、今回はシャワールームだけの客室にしましたが、バス付きのお部屋もあります。ご参考までに。

 

部屋の奥はこんな感じ。
反対側にモニターがあり、寝転がりならテレビを視聴可能。

 

ベッド近くのコンセントはひとつ。USB充電にも対応しています。

 

パジャマは上下別。
浴場への移動はこれでOK!

 

何度でも言います。
本当にかわいい。たまんない。

部屋に入った瞬間「かわいすぎて心落ち着かない?」という心配もあったのですが、杞憂に終わりました。

優しくて淡いパステルカラーだから居心地いいです。すぐに慣れました。

 

デスクもあります。
ちょっとしたPC作業ならできそう。欲を言えば椅子の背もたれが欲しかったかな…。

 

引き出しの中もまたかわいい。
隅々まで統一されていてセンスを感じました。

朝食はブッフェ形式

朝食会場はホテル内にある Amelie Cafe(アメリカフェ)

名古屋にいくつもの店舗を展開するおしゃれなカフェにて、ブッフェ形式の朝食をお楽しみください。

<Amelie Cafe>
営業時間:6時30分〜10時
ラストオーダー:9時30分

ダイワロイヤルホテル D-CITY 名古屋納屋橋の場所

住所:名古屋市中区栄1-2-27

ホテルの場所はここ。

最寄駅は伏見駅
距離はありますが名古屋駅からも徒歩圏内。

 

白と黒の外観も良き…

すぐ近くにセブンイレブンがあります。

周辺に夜遅くまで営業している飲食店は少ないので、夜ご飯を食べるなら名古屋駅、もしくは栄まで行くことをおすすめします。

宿泊料金・空室状況をチェック!

2人で1泊する場合。
一休.comで料金を確認したところ、

金曜日は10,000円以下。
土曜日は12,000〜15,000円くらいで泊まれるようです。(高価格の日もあります)

早期予約一休限定プランもあるので、詳しくは一休.comのサイトをチェック!

和の雰囲気がお好きなら

今回ご紹介したホテルの雰囲気が自分とは合わない、という方へ。

お近くに和をコンセプトにしたホテルがあります。

同じ「ダイワロイヤルホテル D-CITY」ブランドなので、安心できる居心地の良さがありました。

詳しくは以下の関連記事をご覧ください。実際に泊まった体験レポートをお届けします。