名古屋駅「驛釜きしめん」のおすすめメニューは卵とじきしめん!

名古屋駅構内にある驛釜きしめん(えきかまきしめん)は、その名の通りきしめんを提供するお店。

名古屋駅できしめんといえば新幹線のホームにある住よしが有名ですが、驛釜きしめんもおすすめ!

ここは新幹線の改札から近く豊富なメニューを取り揃えているのでご紹介します。

観光で名古屋を訪れる方、名古屋駅できしめんを食べようと考えている方はチェックしてみてください!

驛釜きしめんの場所

お店の場所はここ。
名古屋駅の中央に位置します。

新幹線で名古屋駅訪れた方は改札を出て金時計(東側)へとお進みください。歩いて行くと右側にお店があるはずです。

 

わかりやすい外観をしているので見逃す心配はないかと。

“驛釜きしめん”と書かれた看板を探しながら歩いてみてください。ランチタイムやディナータイムには行列ができていることもあるので見つけやすいと思います。

 

店頭ではお土産用のきしめんを購入可能。

しかし今回は店内で召し上がることに。

ここからは私おすすめの卵とじきしめんについてご紹介します!

2度楽しめる “卵とじきしめん”

驛釜きしめんのメニューの中で特におすすめなのがこちらの卵とじきしめん。

しょうゆ味の出汁を卵でとじています。

 

具材には海苔、かまぼこ、かつおぶし、ほうれん草、ネギをトッピング。

シンプルながらも意外とボリュームあり、単品価格720円とお手頃なのも嬉しいポイント。

 

あっさり醤油と卵の相性は抜群。卵と麺を絡めて食べるのがひとつの楽しみでもあります。

これを食べると卵の無い醤油味のきしめんに物足りなさを感じてしまうかも?

 

麺を全て食べ終えてまだお腹に余裕があれば、是非ともライス( 150円)を追加注文しましょう!

おそらくかなりの量のスープが余っているはず。

そのスープをそのままご飯にかけてみてください。

そうすると・・・

 

雑炊風卵スープかけごはんの出来上がり!

これがまた絶品なんですよね!

締めとして食べるのにも向いているので、お酒を飲んできしめんを食べた後にいかがでしょうか。

家庭的な優しい味で締められると思います!

驛釜きしめんのメニュー

このほかにも様々なメニューを用意。

塩味、しょうゆ味、味噌味というようにスープのバリエーションが多く、温かいきしめんから冷たいきしめんまで幅広く提供しています。

一部のメニューを写真に収めてきましたので載せておきますね。

温かいきしめん

冷たいきしめん

それぞれのメニューは天むすセットにすることができます。お腹いっぱいになりたい方は名古屋めしのひとつでもある天むすと合わせてお楽しみください。

ちなみに、お店イチオシのメニューは名古屋コーチン入り鶏味噌きしめんです。

朝早くから夜遅くまで営業

驛釜きしめんの営業時間は7時から23時まで。朝早くから夜遅くまで営業しているので使い勝手がいいんですよね。

朝は珍しいことにきしめんのモーニングセットを提供しているので、興味がある方はぜひ食べてみてください!

<驛釜きしめん(えきかまきしめん)>
営業時間:7時〜23時
定休日:なし

※おまけ
ちょっと変わった味のきしめんを食べたい方はKITTE名古屋にある宮きしめん駿がおすすめです。詳しくは以下の関連記事からどうぞ!