しらす丼も美味しい! 食事処「Barca」で日間賀島グルメを満喫!

日間賀島にある食事処「Barca」。

ランチはもちろん、10時から営業しているので遅い朝食にもおすすめのお店。河和港から日間賀島の東港へ到着してすぐのところにあるので食べ歩き1件目として最適!

この記事ではBarcaについて詳しくご紹介。日間賀島といえばタコが有名ですが、お店イチオシのしらす丼を食べてきました!

「Barca」の場所

お店があるのは東港の近く。
日間賀島にある唯一の信号から島の内部へ進んでいくと辿り着けるかと!

 

このような青と白の外観が目印!

店内の様子

店内の様子はこんな感じ。

テーブル席とカウンター席が用意されています。席数はそれほど多くありませんのでランチタイムは混雑するかもしれません。

「Barca」のメニュー

日間賀島名物であるたこ。
Barcaでは、たこ飯、たこ串、たこぶつ、たこの唐揚げ、たこの塩辛など種類豊富なたこメニューを取り揃えています。1,400円というリーズナブルな価格で食べられるアナゴ丼も見逃せません…!

 

こちらはドリンクとデザートメニュー。
知多ハイボールや多幸酒は日間賀島ならではですね!

地味にたこまんじゅうパフェが気になりますが…笑

しらす屋さんのしらす丼を注文!

気になるメニューがたくさんある中、お店イチオシなのが「しらす屋さんのしらす丼」。魅力的なタコ料理はあえて食べずに今回はこちらのしらす丼を注文!

ほどなくして目の前にやってきました!

 

お盆の上には様々な料理が!
てっきりしらす丼だけだと思っていたのでこれは嬉しい誤算!

それぞれ順番に紹介していきますね。

 

まずはサラダ。
ご覧の通り、にんじんや水菜の上にしらすがトッピングされています。

 

そのまま食べても美味しそうですがお店オリジナルのドレッシングをかけて。よく見るとこのドレッシングの中にもしらすがいます…! 少しかけて食べてみたところ、ほどよい酸味でさっぱりとした味わいでした。

 

たこの塩辛と、おそらくしらすの佃煮。箸休めやお酒のつまみにピッタリな一品です。️

 

続いてはメイン料理である丼。

透き通った生しらすと釜茹でされたしらすのコラボレーション。これでもか!ってくらいの量がトッピングされています。きっと米粒よりも圧倒的にしらすの方が多いはず!

 

別皿に醤油を入れ、ワサビを溶かし終えたら丼へ!

適度にかき混ぜたらスープンを使って豪快に一口でいただきます!

新鮮な生しらすは臭みとは無縁であり抵抗なく食べることができました。茹でたしらすでは味わうことができないねっとり感もあって美味しい!

一方釜茹でされたしらすはふっくらとした食感。大量に食べることができたのでとっても贅沢な気分です♪

 

ある程度醤油味で食べ進めたら味に変化をつけてみませんか?

卵黄を崩して食べたり、

 

ピリ辛の島ラー油と一緒に召し上がってみてください。最初から大量にかけず、ちょっとずつ足していくのがおすすめです。シンプルなしらす丼とはまた違った美味しさがあるので是非試してみてくださいね!

最後は温かいお味噌汁をいただき完食。ごちそうさまでした!

帰り際にお土産はいかが?

Barca店内ではお土産を販売。
東港から帰る際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。他店では見かけなかったアイスクリームやお店オリジナルのTシャツを販売していましたよ!

<Barca>
営業時間:11時〜15時
フードメニューのL.O.:14時
場所:東港の近く