【特集】ららぽーと名古屋みなとアクルス

グローバルゲートにある本屋「豊川堂」はカフェを併設したライフスタイルショップ!

グローバルゲートにある本屋さん「豊川堂(ほうせんどう)」。

名古屋駅には大きな本屋さんが多くありますが、ささしまライブエリアに大型書店は少ないので貴重な存在です。

 

ちなみにこちらの本屋さん、正式名称は「BOOK ZAKKA STATIONARY CAFEDINING 豊川堂」。

その名の通りカフェを併設しており、本だけではなく雑貨、カバン、さらには服の販売まで行っているんです。

この記事では「BOOK ZAKKA STATIONARY CAFEDINING 豊川堂」店内の様子について詳しくご紹介。後半ではカフェに関する情報を載せているので気になる方はチェックしてみてください!

豊川堂の本棚

ずらりと並ぶ本棚。
雑誌、小説、漫画など幅広いジャンルの本を取り扱っています。

 

こちらは猫特集。
最近では猫に関する様々な本が出版されており、猫が写る表紙をきっかけに本を手に取る人がいるほど。

 

黄緑から緑へのグラデーション。グローバルゲートのコンセプト「GREEN STYLE」を本棚で表現しています。色合いが統一されていて素敵ですね…!

図鑑などの植物に関する本だけではなく、絵本や小説も並べられていました。気になる本が見つかったら手に取ってみませんか?

店内で見つけた雑貨やファッションアイテム

文房具やブックカバーなどの雑貨であれば本屋にあってもおかしくはありません。

しかし豊川堂はグラスやタンブラー、フォークやナイフといった食器まで取り扱っているんです。

 

ふと足元を見ると福袋を発見。
その中身は世界のお菓子を詰め込んでいるとのこと。

けっこうな量のお菓子が入っていそうなので、1,000円で購入できるなら意外と安い!?

 

こちらはカバンを販売するエリア。
何度もいいますが、すぐ近くにはたくさんの本があります。

 

カバンの次は
試着室が用意されているのだから驚き。

本棚から離れると本屋さんにいるとは思えない空間が広がっているので「いつ間にか違うお店に移動していたのかな?」と錯覚してしまうほど。

カフェスペースを併設

奥の方へと進んでいくとカフェスペースへ。席数は120席もありかなりの広さでした。

ちなみに購入していない本の持ち込みは不可。ブックカフェとして利用することはできませんので要注意。購入するか棚に戻すかしてカフェへとお入りください。

 

大きなテーブル席の上には植物を発見。
ここにも「GREEN STYLE」が取り入れられています…!

 

くつろげるソファ席もありました。
複数人で行くなら是非ともこちらを利用したいところ。

 

ランチメニューはデリランチ、パスタランチ、メインランチの3つ。各ランチで提供されるデリは好きなものを選ぶことができます。

日によってデリの種類は異なるので、どんな料理があるかは訪れてからのお楽しみということで。

グローバルゲートの本屋さんへ行ってみよう!

以上、グローバルゲートにオープンした本屋「BOOK ZAKKA STATIONARY CAFEDINING 豊川堂」についてご紹介しました。

近年、本屋さんの閉店ニュースを耳にすることが多いので、こうやって新しい業態でオープンするのはうれしい限り。

本だけではなくユニークな雑貨やファッションアイテムを取り揃えているので気になった方は足を運んでみてください。店内を見て回るだけでも楽しいですよ!

<ショップ>
営業時間:10時〜20時

<カフェ>
営業時間:11時30分〜22時(週末は23時)
ランチタイム:11時30分〜14時30分
ランチLO:14時
ディナータイム:17時〜22時
ディナーLO:21時30分