【特集】ららぽーと名古屋みなとアクルス

「江南 行店」の台湾ラーメンはピリッとした辛さがクセになる!

江南(こうなん)」は名古屋駅エリアに展開するラーメン屋さん。あっさり風味の醤油や塩、コクのある丸鶏スープを味わえるほか、一部店舗ではピリ辛な台湾ラーメンを提供しています。

今回はその台湾ラーメンを求めて「江南 行店(いきてん)」へ行ってきました!

ランチやお酒を飲んだ後など幅広く利用できるラーメン屋さんなので是非チェックしてみてください!

「江南 行店」の場所

住所:名古屋市中村区名駅 4丁目4-19 ミスズビル 1F

お店の場所は名古屋駅の東側。
ミッドランドスクエア南にある交差点を進んでいくと辿り着けるかと。

 

このような外観が目印です!
道路の近くに看板が設置されているので参考にしてみてくださいね。

地下に広がる店内。4人で座れるテーブル席も。

ラーメン屋さんといえばカウンター席で食べるイメージがありますが、ここ江南はテーブル席をご用意。1人〜4人で利用できます。

また、1階だけではなく地下へと続いているため狭くないことも特徴。良い意味でラーメン屋さんぽくない印象です。そのおかげか女性4人で訪れているお客さんやカップルを見かけましたよ。

 

️注文は席に着いてから。
今回は「台湾ラーメンを食べる!」と決めていたので迷うことはありませんでしたが、ゆっくりメニューを見て決められるのは嬉しい。

江南の台湾ラーメンを食べてみた!

やってきました台湾ラーメン!
お値段880円。

 

麺の上に盛られた大量のニラとネギ。

野菜たっぷりなので第一印象はあまり辛くなさそう…?

辛味の核となる唐辛子やタカノツメが見当たらないなーと探してみると・・・

 

ネギの下にごっそりと隠れていました。

恐る恐るスープを飲んでみたところ……意外とあっさり。ニンニクの香りは強いものの透き通ったスープは辛くないのかもしれない。

そんなことを思ったのも束の間。遅れて辛いのがやってきました。これぞ台湾ラーメンという感じ!

 

麺は細麺。
食べやすくって美味しい! これならお酒を飲んだあとの〆にぴったり!

味仙ほど辛くないので台湾ラーメンを初めて食べる方にもオススメです。

通常の台湾ラーメンだけではなく、丸鷄スープとミックスしたメニューもあるようです。気になる方は足を運んでみてください!

ちなみに江南は名古屋駅に直結するJRセントラルタワーズに同じ店舗があります。しかし公式サイトのメニューを見ると台湾ラーメンが掲載されていません。もしかすると取り扱っていないのかもしれないのでお気をつけください。

今回ご紹介した台湾ラーメンを確実に食べたいなら「江南 行店」へ!

<江南 行店>

ランチ:11時〜15時(LO 14時30分)
月〜水:17時30分〜23時30分(LO 23時)
木〜土:17時30分〜24時(LO 23時30分)
定休日:日曜、第3月曜、夏季、年末年始