リニア鉄道館へ!家族で楽しめる鉄道博物館を観光!

名古屋市港区にある、リニア鉄道館

家族連れや鉄道が好きな人で賑わう施設に行ってきたので、どんなところか写真付きで詳しく解説。

チケット料金、ロッカー情報、お土産のグッズ、展示内容について感想を交えながら紹介します。観光を考えている方は参考にどうぞ!

リニア鉄道館とはどんなところ?

リニア鉄道館とは、2011年に開業した、鉄道に関する物事を展示する博物館です。

公式サイトに掲載されているコンセプトがこちら。

東海道新幹線を中心に、在来線から超電導リニアまでの展示を通じて「高速鉄道技術の進歩」を紹介します。

鉄道が社会に与えた影響を、経済、文化および生活などの切り口で学習する場を提供します。

模型やシミュレータ等を活用し、子どもから大人まで楽しく学べます。

見るだけではなく体験もできるのが特徴。遊ぶのはもちろんのこと、学べる場所でもあるんです。

金城ふ頭駅から歩いてすぐ

linear-museum0

こちらがリニア鉄道館の外観。
最寄り駅の金城ふ頭駅から歩いて5分ほどのところにあります。近隣の駐車場からも近いのも嬉しい。

 

linear-museum1

入口までの道には黄色い線がありました!
正式名称はよく分からないのですが、駅のホームで「黄色い線の内側に~」とアナウンスされるときのアレですね!

まだ入館していないのにも関わらずテンション上がっちゃいました!

入館したらロッカーに荷物を預けよう

大きな荷物がある場合、ロッカーに荷物をあずけておくと動きやすくて快適です。ロッカーの場所は、建物に入って右側

荷物を預けるのに100円かかりますが、取り出す際に戻ってきます。

実質無料で便利なのですが、もう少しロッカーの数が多くてもいいと思う。来場者数に比べると少ない気がしてならない。混雑時は預けられない可能性もあります。

電車で来る方は、最寄駅の金城ふ頭駅のロッカーに預けておいたほうが賢いかもしれません。お金は戻ってこないタイプのロッカーですが、重い荷物を持って施設内を巡るよりはマシかと。金城ふ頭駅のロッカーについては、以下のページでまとめています。

>>金城ふ頭駅のロッカー情報を見る

財布や貴重品を手元に残し、ロッカーに荷物を預けたら入館チケットを買って中へ。(金額については後述)

SL! 新幹線! リニア!

linear-museum2

展示会場に入るとまず目に飛び込んでくるのがこちらのSL列車「つばめ」

黒いボディや複雑に構成された車輪部分がカッコイイ。当時乗っていた世代ではないのですが、惚れ惚れするような外観です。
みんなで記念撮影してみてはいかがでしょうか。

 

linear-museum3

続いては300系の新幹線

大人目線だと新幹線というのは見慣れているし、乗り慣れてもいるので驚きは少ないかもしれませんが、子どもは別。まだ乗ったことがないならきっと喜ぶことでしょう。

 

linear-museum4

最後に登場するのはリニアです!
まだ正式に運用していないですが、一足先に間近で見ることができます。スリムなボディに青のラインがデザインされていてカッコよかったですよ!

周りから見るだけではなく、中に入ることもできます!

 

linear-museum5

乗った感想としては「意外と狭いんだなー」という印象。新幹線とは違っていて面白かったです。

大人も興味がありそうな内容なので、ぜひその目でお確かめください!

※写真だと明るいように思えますが、意外と館内は暗め。お子さんとはぐれないように、気をつけてくださいね

新旧揃う列車たち!

linear-museum

奥に進むと、歴史を物語るような列車が展示されていました。ズラーっと並ぶその姿は、まさに圧巻の一言。

カメラを持っていったので、撮影するのも楽しかったです。いくつか撮ってきたので、順に紹介していきます。

 

linear-museum8

レトロな雰囲気が漂う車内が素敵♪
休憩スペースもあるけど、こういうところで談笑するのもオツですね。

 

linear-museum6

ドクターイエローを発見!
日常生活では見ることさえままならないのに、まさか中に入ることができるなんて…!

お食事はフリースペース、または外の列車内にて

linear-museum11

リニア鉄道館内にはお弁当を売っているデリカステーションというところがあります。駅弁という形で販売しているのは粋な演出。お弁当は1つ1,000円ほど。

飲食可能なフリースペースで食べることができるのですが、おすすめは屋外に展示されている列車の中

 

linear-museum12 linear-museum13

ここで駅弁を食べられるとか最高じゃないですか!

夏場に行ったら、冷房が効いてて涼しかったですよ! 正直言って、館内よりも涼しい。。人が多くないので穴場です。

ランチ時のフリースペースは混み合っていて騒々しいので、ここでは静かにご飯を食べることができました。

パパ・ママも安心

linear-museum10

リニア鉄道館内にはキッズコーナーが用意されていました。プラレールがあるので、子どもが展示に飽きてしまったらここで一緒に遊びましょう!

他にもパパ・ママにとってありがたいところをいくつか発見。

フロアは1Fと2Fに分かれていますが、エレベーターがあるのでベビーカーがあっても安心。そして授乳室があることも確認しました。

思う存分楽しもう!

linear-museum9

紹介した内容以外にも展示は盛りだくさん。

ジオラマを見たり、リニアの仕組みを学んだり。遊ぶだけではなく、タメになるようなことがいっぱい書かれています。

所要時間は2時間~3時間くらいでしょうか。スタンプラリー、時期によってはイベントを開催しているので公式サイトを要チェック。

お土産はミュージアムショップで!

linear-museum-shop0

遊びつくしたら、最後はミュージアムショップでお土産を買いましょう!

 

linear-museum-shop1

子ども、もしくはお父さんが好きそうなものばかり!

ディノアドベンチャー名古屋と同じで、少年心をくすぐるようなグッズが数多く取り揃えられていました。

チケットと音声ガイドについて

linear-museum-ticket

入場料金

上の写真だと見辛いかもしれないので、以下の表に入館料金をまとめました。

個人 団体
大人 1,000円 800円
小中学生 500円 400円
幼児 200円 100円

20名以上で団体料金になります。
「大人1人、子ども1人×10」の組合せの場合、3,000円もお得になるので使わない手はありません。

また、障がい手帳をお持ちの方と、付き添いの方(1名)の場合、それぞれ大人500円、高校生以下200円になります。

音声ガイドについて

一人で観光するなら音声ガイドはあったほうがいい。家族や友達など、複数人で行くなら人数分はいらないかなーという印象。

例えば、お父さんがこっそり聞いて、子どもたちに知識をひけらかし、「パパすごーい!!」…という言葉のご褒美が欲しいなら借りておこう。くれぐれも子どもたちにバレないように、慎重にですよ。

まとめ

リニア鉄道館は家族みんなで楽しめる観光スポットになっています。季節を問わず遊べる場所なので、名古屋へお立ち寄りの際は観光しに行ってみてはいかがでしょうか。

施設名  リニア・鉄道館
住所 名古屋市港区金城ふ頭3-2-2
営業時間 10:00~17:30
休館日 火曜日
(祝日の場合は翌日)
電話番号 052-389-6100
公式サイト http://museum.jr-central.co.jp/