◆ 9月はパン屋さんを巡る ◆

甘処 いまいの注目メニュー「わらびます」は升で頂くわらび餅!

2017年9月28日にオープンしたスイーツ店「甘処 いまい」。店内では多くの和スイーツを提供しています。

数あるメニューの中でも特に注目なのが「わらびます」という名のスイーツ。

勘の良い方であればもうお気づきでしょう。

その正体とは、升でわらび餅を食べるというもの

京都で人気を博した抹茶ティラミスのわらび餅バージョン。そう考えると想像がつきやすいかもしれません。

個人的にもぜひ食べてみたい!ということで早速「甘処 いまい」へ行き、注目のわらびますを食べてきました!

この記事では「甘処 いまい」の場所やメニュー、わらびますについて詳しくご紹介。和スイーツに目がない方は是非チェックしてみてください!

「甘処 いまい」の場所

住所:愛知県名古屋市中区栄3-5-1

お店があるのは名古屋市栄にある名古屋三越栄店。その地下1階の一角にあります。

 

このような外観が目印。

周囲には和菓子店や洋菓子店がたくさんありますが、カフェを併設しているので比較的大きなお店となっています。

升で頂くわらび餅「わらびます」を食べてみた!

今回注文した「わらびます」のセットがこちら。値段は1,080円。

わらび餅の上にトッピングされているパウダーは抹茶きな粉の2種類から。お飲み物は抹茶急須茶から選ぶことができます。

別々のものを組み合わせようか正直かなり迷ったのですが、「抹茶を堪能したい!」ということでW抹茶で頂くことに決定。

パウダーも飲み物も抹茶にしてみました!

 

点てたばかりの抹茶。
ほどよい苦味で意外と飲みやすい印象。

カウンター席の近くには着物を着た女性店員さんが待機しており、注文が入るとその場で点ててくれます。そのお姿は凛々しく見応えがありますよ。

抹茶を点てているところを間近で見る機会ってそうそうないと思いますので、抹茶を注文すると決めているならカウンター席を希望するといいでしょう。

 

そしてこちらが注目のわらびます。

升の中にわらび餅が入っており、その上に抹茶の粉末をまぶした一品です。見た目からしてもう美味しそう!

 

弾力のあるわらび餅。
きな粉や黒蜜をかけて食べるイメージが強いですが、抹茶との相性も最高ですね! わらび餅自体にこし餡を加えているので甘味と苦味のバランス感が絶妙なんです。

 

わらび餅はひとつの塊になっているので少々切りづらく食べにくいと感じたものの、味に関しては文句無し! 甘すぎないからいくらでも食べられそう…!

1,080円という決して安い価格ではありませんが、升で食べるという体験込みで考えれば納得のお値段。やっぱりきな粉味も気になっているので次回訪れたときに食べてみようと思います!

「甘処 いまい」のメニュー

注目のスイーツメニューはわらびますだけではありません。

このほかにも抹茶のパフェ抹茶のモンブランくず餅くずきりといった和のスイーツを発見。ほぼ全てのメニューが1,000円超えなので安くはありませんが、どれも美味しそうでした!

テイクアウトも可能

「甘処 いまい」で取り扱っているスイーツは店頭で購入し持ち帰ることができます。抹茶ムースや抹茶モンブランは税込540円で購入できるのでおすすめ!

家で食べる用に購入したり、ちょっとした手土産にいかが?

<甘処 いまい>
場所:名古屋三越栄店 地下1階
営業時間:10時〜19時30分
定休日:名古屋三越栄店に準ずる