多治見市モザイクタイルミュージアムへ! 名古屋駅から電車とバスで行く方法

岐阜県にある「多治見市モザイクタイルミュージアム

数多のモザイクタイル作品を展示する人気スポットです。ショップや体験コーナーもあり、名古屋から訪れる人も多いのではないでしょうか。

この記事では、名古屋駅からのアクセス方法についてご紹介

車がないと行きづらい場所にありますが、多治見駅からバスが出ています。車を用意できない人でも大丈夫。詳しくは続きをご覧ください。

多治見市モザイクタイルミュージアムの場所

住所:岐阜県多治見市笠原町2082-5

徒歩圏内に駅はありません。
公共交通機関で行く場合、電車とバスを利用します。

名古屋駅から多治見駅へ

まずは電車移動。
JRに乗って多治見駅へと向かいます。

乗車時間は35分〜40分ほど。
「快速」の場合乗り換えなし。

さらに早くたどり着ける特急「ワイドビューしなの」というのもありますが、料金が高く本数は少なめ。

車窓からの景色、指定席やグリーン車に対応などのメリットもありますが、個人的には「快速」または「普通」列車で十分かなという印象です。

多治見駅からモザイクタイルミュージアムへ

続いてはバス移動。
多治見駅に到着したら南口へ。

バス乗り場から東鉄バス笠原線に乗りましょう。

  • 東草口行き
  • 羽根行き

このどちらかに乗車。約17分ほどで到着します。

バスの時刻表は以下のリンクをチェック。
笠原線のPDFファイルをご確認ください。

>> 東鉄バスの時刻表一覧

中の様子は動画をご覧ください

かわいい建物。
よく見ると焼き物が埋め込まれているんです。

施設の中にはモザイクタイルの作品を展示。平面から立体的なものまであり、何度「すごい!」と思ったことか。

4階は床も壁も天井も白いタイルに覆われていて、非日常的な空間でした。外から差し込む光が素晴らしく、写真撮影も楽しい◎

また、モザイクタイルを使った有料の体験コーナーもありますよ。

詳しくはYouTubeの動画をご覧ください。


多治見市モザイクタイルミュージアムについて

開館時間 9時〜17時
最終入館 閉館30分前まで
閉館日 月曜日(休日の場合翌平日)
12月29日〜1月3日
公式サイト mosaictile-museum.jp