「名古屋かき氷めぐり」を公開しました

サブマリン・アドベンチャー:潜水艦に乗って海底探索へ!

名古屋にあるレゴランドジャパンのなかで、かなりの人気を誇るアトラクションが「サブマリン・アドベンチャー」。

アドベンチャーエリアにあるアトラクションの前では、何度も行列を確認しており常に混雑している状況です。

サブマリン・アドベンチャーって、どんなアトラクション?

世界各地にあるレゴランドジャパンですが、サブマリン・アドベンチャーは世界に3つしかないアトラクション。それがここ日本にあり、なかなか希少なアトラクションなんです。

ここでは潜水艦に乗って海底を探索! 海中では海の生き物を間近で見ることができますよ!

潜水艦に乗ると、水族館のような光景が待っている!

大きくて黄色い潜水艦。非日常的な体験は、いくつになっても興奮しますね!

大人の場合少し狭いかな…と感じるかもしれませんが、近くにいた子どもはとっても喜んでいましたよ!

 

潜水艦の中にある広い窓からは、外の光景がバッチリ見えました! 泳いでいる魚は数も種類も多く、なんと80種類、約2,000匹もの魚たちがいるんだとか。

 

なかにはこんな生き物も。

そうです、サメです。危険性はないと頭では分かっていても、やっぱりその姿を見るとビビりますね。笑

 

ちなみに、窓の上を見てみると泳いでいる魚の説明があり、水族館のような一面も。アトラクションとして楽しみつつ、学びにもなるということですね!

魚だけじゃない、海底のレゴ作品!

海の中にいるのは生き物だけではありません。

ここはレゴランドジャパンですからね。当然、レゴブロックでできたオブジェがあるんです!

 

大きなミニフィグやレゴでできた魚。

 

海底にある遺跡。これもよーく見るとレゴ。

 

こちらの写真は気泡のせいでうまく撮れなかったのですが、なかなか見応えのあるレゴ作品でした。その全貌は実際にサブマリン・アドベンチャーを体験してご覧いただければと!

サブマリンアドベンチャーの感想

個人的な感想としては、水族館に行かないと見られないような海の生き物や、レゴブロック作品の数々を見れて大満足。

ただ、所要時間が短く、多少の物足りなさを感じました。潜水艦からの景色が良かっただけに、「もっと見ていたかったな~」と思ってしまったんです。

ということで、サブマリンアドベンチャーは「また乗ってみたいな」と思えるようなアトラクションでした。乗る場所や見る方向によって色んな発見がありそうなので、近いうちにリピートしたい。

子どもはもちろん大人も楽しめると思うので、ぜひ親子で楽しんできてください!

帰り際、ヒトデに触れることも

アトラクションを終え、出口に向かって進むと途中に水族館のようなスペースがあります。見るだけでも楽しいのですが、そこではなんとヒトデに触れることができるんです!

 

もしかすると気持ち悪くて抵抗があるかもしれませんが、めったにないことなのでこの機にいかがでしょうか。ヒトデの触感を体験してみてください!