【名古屋めし】味仙の定番メニュー「台湾ラーメン」は辛いけどクセになる味

名古屋めしの一つであり名古屋名物の台湾ラーメン

地元で人気の飲食店「味仙」で食べることができます。ここはランチもディナーも多くの人で賑わっており、ときには行列ができていることも。

今回はJR名古屋駅(改札外)のうまいもん通りにある味仙について、メニューや人気の台湾ラーメンを写真付きで紹介したいと思います。

味仙のメニュー

名古屋駅のうまいもん通りにある味仙にてメニュー表の写真を撮ってきました。写真の文字が小さくて読みづらい方のために、文字としても載せておきますね。

※各メニューの左上には唐辛子マークが付いており、その数が多いほど辛さレベルは高くなります。参考にしてみてください

味仙のフードメニュー

  • 手羽先:480円
  • 青菜炒め:750円
  • 子袋:680円
  • ニンニク茎:1,150円
  • 酢クラゲ:1,050円
  • 鶏の唐揚げ:1,100円
  • 台湾ラーメン:750円
  • ラーロージャン麺:900円
  • 台湾丼:850円

 

  • 台湾チャーハン:900円
  • チキンのテリソース:1,200円
  • マーボー飯:900円
  • ラーメン:700円
  • チャーシューメン:850円
  • チャーハン:850円

 

  • ギョーザ:480円
  • エビマヨネーズ:1,600円
  • 豚しゃぶネギソース:1,200円
  • 豚の耳:680円
  • 酢豚:1,200円
  • あさり炒め:750円
  • エビのチリソース:1,800円
  • ハルマキ:680円
  • レバニラ炒め:1,150円

 

  • 回鍋肉:1,150円
  • イカ団子:1,100円
  • 麻婆豆腐:750円
  • 腸詰:680円
  • チャーシュー:750円
  • きゅうり漬:480円
  • 杏仁豆腐:480円
  • ゴマ団子:480円

デザートもあるのでお見逃しなく!

味仙のドリンクメニュー

取り扱っているビールのメーカーはキリン。そのほかにも焼酎、ウイスキー、カクテル・サワーがあります。もちろん烏龍茶やコーラといったソフトドリンクもあるので、お酒が飲めない方でも大丈夫。

味仙の人気メニューは台湾ラーメン

地元民、観光客を問わず多くのお客さんが注文しているのが台湾ラーメン。

その発祥の地として知られる名古屋ですが、生み出したのはここ味仙なんだとか。つまり、元祖台湾ラーメンを味わえるというわけです。

 

たっぷりのニラ、ニンニク、ひき肉、唐辛子を使用しています。

 

辛いラーメンといえばドロっとしたスープを想像しますが、味仙の台湾ラーメンは透明感があります。

「もしかして辛くないのかな?」

と口の中に入れると・・・やっぱり辛いです

水を飲んでもすぐに引くことはなく、後に残るピリっとした辛さ。さすがに痛いまではいきませんが、相当な辛さレベルなのではないかと思います。

 

麺は細め。
これだけでも十分な辛さをしています。

だけどついつい箸が進んでしまうのがすごいところ。汗をかくこともあれば、鼻水が出そうになることもあるけど、不思議と麺を食べ続けてスープも飲んでしまう。クセになる美味しさなのは間違いありません。

 

気が付けば完食。
ごちそうさまでした!!

ちなみに、注文時に辛さについてどうするか聞かれます。苦手な方は控えめに、さらなる刺激が欲しい方はその旨を伝えて調整するといいでしょう。

おすすめのサイドメニュー

スープを全て飲むとお腹が膨れますが、飲まなければ少しは余裕があることでしょう。

そこでおすすめしたいサイドメニューが手羽先です。

名古屋といえば手羽先のイメージがありますよね?

味仙でも味わうことができるので、ついでにいかがでしょうか。現に、台湾ラーメンと手羽先をセットで注文しているサラリーマンの方をよく見かけます。

おわりに

台湾ラーメンについて正直なことをいうと、辛いものが苦手な人にはおすすめしません。しかし、もし名古屋観光に訪れるなら挑戦してみる価値はあると思います。味仙をきっかけに辛い食べ物が好きななる可能性もなくはないと思っていますので。

辛いものが好きな方はもちろん、苦手な方も是非ともチャレンジしてみてください!

<店舗情報>
住所:名古屋市中村区名駅1丁目1番4号
定休日:年中無休
電話番号:052-581-0330
営業時間:11:00-23:00