名古屋でチームラボの展示を体験! 見どころや混雑状況など

名古屋市科学館で11月12日から開催している特別展「チームラボアイランド 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」。

チームラボアイランドは、最新のテクノロジーを使った、チームラボが進める教育プロジェクトのこと。この特別展は、2014年11月から2015年5月まで東京・日本科学未来館で開催された内容を一部アレンジしたものです。

行ってきたので見どころや、その時の混雑状況についてお伝えします。これから行こうと考えている人は参考にご覧ください。

会場は名古屋市科学館

nagoya-museum-of-science-0

伏見駅、大須観音駅から歩いてすぐのところにあります。
建物はとても大きく、大きな球体が目立つので迷うことなくたどり着けるかと思います。

混雑状況

入場行列

teamlab-island-2016-0

こちらの写真は、土曜日の15時頃に訪れた時の入場行列です。多くの人が並んでいましたが、受付の数が多かったのでスムーズに進みました。

この時並んだ時間は5分。予想以上に早かった。

展示内の混雑具合

teamlab-island-2016-1 teamlab-island-2016-2

会場内はかなりの混雑具合。
ぶつからないように前へ進むのも大変です。

人の多さに加えて会場は暗いので、お子さんと行く場合、はぐれないようお気をつけください。

大人も子どもも楽しめる体験

手を動かすと花が咲く

teamlab-island-2016-21 teamlab-island-2016-22

花が咲いたり散ったりする映像がきれい。
この映像は、あらかじめ決まったものではなくリアルタイムで変化するとのこと。人の動きに反応するので、試しに壁際で手を振ってみてはいかがでしょうか。

ウネウネと動く波

teamlab-island-2016-23

百年海図巻という作品。
説明が書かれているパネルには「超主観空間」とありました。・・・難しいことはよく分かりませんが、ウネウネと動く映像美がとにかくすごかった。巻物や屏風に描かれていそうな絵が動く姿は圧巻です!

 

teamlab-island-2016-24

鑑賞する場所には、ソファのようなクッションが用意されています。
立ち見もいいですが、くつろぎながら見るのもいいですね!

学ぶ!未来の遊園地

teamlab-island-2016-11 teamlab-island-2016-12

ここは未来の遊園地。
いくつものアトラクションでは、様々な体験をすることができます。

 

teamlab-island-2016-10 teamlab-island-2016-13

描いた絵がスクリーンで動きだしたり、積み木が映像に反映される仕掛けなど盛りだくさん。非日常的な空間で遊ぶ未来の遊園地は、大人も子どもも楽しめること間違いなし!

イチオシの作品はこれ!

teamlab-island-2016-30

個人的にイチオシな作品がこちら。その名も「クリスタルユニバース」。

壁も床も鏡で構成されており、無数の電飾があるかのように錯覚してしまう光の空間。音と光の演出が素晴らしくきれいでした!

 

teamlab-island-2016-35

ここもかなりの混雑具合。
写真を撮る人が多かったので、その影響かと思われます。

一方通行のため、ここまで来ると戻ることはできません。「チームラボアイランド 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」では再入場もできないので、しっかりと目に焼き付けて会場を後にしましょう。

おわりに

チームラボの展示は2017年2月12日まで。
この冬、家族、カップル、友達同士で訪れてみてはいかがでしょうか。

▼チケット料金
一般:1,400円
高大生:800円
小中生:500円

公式サイト