◆ 名古屋駅エリアのイルミネーション ◆

萬来亭は名古屋で人気の家系ラーメン店! おすすめメニューを実食

名古屋で人気の家系ラーメン屋!

そのお店とは「萬来亭
(読み方は、ばんらいてい

名古屋市緑区にあるラーメン屋さん。20年以上も続く人気店です。萬来亭のラーメンを絶賛する声が多く「食べてみたい!」ということで行ってきました!

結論から言うと大当たり。
豚骨醤油のスープを完飲するほどの美味しさ!

この記事では萬来亭についてご紹介。
メニュー、ラーメンを食べた感想についてお届けします。

お店の場所、駐車場情報、名古屋駅からのアクセス方法は記事の後半に記載

萬来亭の全メニュー

まずはメニューを一挙ご紹介!

ラーメン

醤油豚骨
ラーメン 680円
チャーシューメン 880円
ねぎラーメン 830円
ねぎチャーシュー 1,030円
塩豚骨
塩ラーメン 680円
塩チャーシューメン 880円
塩ねぎラーメン 830円
塩ねぎチャーシュー 1,030円

麺の硬さや味の濃さは調整可能。
初めての方であれば「ふつう」で問題ないかと!

ちなみに大サイズあり。
量は麺1.5玉。プラス100円かかります。
萬来亭は替え玉がないので、お腹いっぱい食べるなら大サイズにしましょう!

トッピング

のり(4枚) 50円
たまご(味玉うずら4個) 50円
ほうれんそう 100円

ごはん

ライス 半:90円
並:120円
大:180円
ねぎ丼 小:220円
並:270円
大:380円

おすすめのメニューは?

メニュー表によると、おすすめは豚骨醤油のねぎラーメン

塩豚骨の塩ねぎラーメンは女性に人気とのこと。

初めて萬来亭を訪れた方にはラーメン(並)と半ライス。トッピングは海苔とたまごをおすすめしていましたよ。

初めての方におすすめ「らーめん のりたま」を注文!

今回はこちらを注文。
おすすめメニューの通り、ラーメンに海苔とたまごをトッピングしました。具沢山で食べ応えがありそうです!

 

見た目は普通の家系ラーメン。
しかし一口スープを飲むと驚くことに。

とっても濃厚でコクがある!
口当たりもなめらかでマイルドだったんです。豚骨のキツイ匂いも感じませんでした。ラーメンスープとは思えないほどゴクゴク飲める…!

 

麺は中太のストレート。
1本1本が長くないので、ツルツルっと口の中へ入っていきますよ。

 

ラーメンと一緒にねぎ丼を注文。
ピリ辛の白髪ネギがますます食欲を刺激。これも美味しかった〜!

 

勢いにまかせて食べていたらあっという間に完食。残るはスープだけ。

いつもならここでお会計へと進んでいたかもしれません。ですがスープの虜になってしまったため、残すという選択肢はありませんでした。

 

完 飲

次回訪れたときも飲み干しているような気がします。

もしかすると「家系ラーメン=くどい」という印象があるかもしれませんが、萬来亭のラーメンはそのイメージを覆してくれるかもしれません。

萬来亭の場所・駐車場について

住所:名古屋市緑区作の山町230

お店の場所は名古屋市緑区。
アパートの1階にあります。

 

外観はこんな感じ。
昔ながらのラーメン屋さんという雰囲気です。

駐車場の場所はお店の向かい側。
道路を1本挟んだ先にあります。

 

13台まで駐車可能。
ほかのお店との共用駐車場となるため、指定番号以外のところに停めないようお気をつけください。

名古屋駅から電車でアクセスする場合

最寄駅は鳴海駅

名古屋駅からアクセスする場合、名鉄電車に乗りましょう。急行に乗れば乗車時間15分ほどで到着します。

鳴海駅からはバスが出ています。
名鉄バスに乗り「中旭出」で降りましょう。(ただし本数は少なめ)

ちなみに徒歩でアクセスすることも可能。鳴海駅から歩いたところ、約20分かかりました。(暑い日に歩くのはオススメしません…)

 

「バスを待つ時間、歩く時間も惜しい!」という方はタクシーを利用しましょう。

鳴海駅近くにタクシー乗り場があります。お金はかかりますが時間を気にしなくていいので楽。

混み具合について

私が訪れたのは平日のお昼。
スーツや作業着を着た男性で賑わっていました。店内はほぼ満席状態です。

しばらくすると満席に。
待ちのお客さんもいましたが、回転率はよさそう。長居する感じではないので少し待てば入店できるかと。人が多いからといって諦めないでくださいね!

萬来亭(ばんらいてい)

昼の営業時間 11時〜14時15分
昼のラストオーダー 14時
夜の営業時間 18時〜22時45分
夜のラストオーダー 22時30分
定休日 月・火
電話番号 052-892-1110
備考 日曜日は22時ラストオーダー。
22時15分閉店。