【特集】ららぽーと名古屋みなとアクルス

海鮮丼の「つじ半」がららぽーと名古屋に! 4種類のぜいたく丼を提供

東京・日本橋の名店「つじ半」が名古屋に…!

2018年9月28日、ららぽーと名古屋みなとアクルスの開業と同時にオープンしました。ここでは新鮮な魚介をたっぷり使った海鮮丼をいただけます。

行列のできる人気店ということで、注目している人も多いのではないでしょうか。オープン初日は多くのお客さんが訪れていたので。

この記事では、ららぽーと名古屋みなとアクルスにオープンした「日本橋 海鮮丼 つじ半」についてご紹介。

メニュー内容、お店の場所、オープン初日の混雑具合についてお届けします。

「日本橋 海鮮丼 つじ半」のメニュー

メニューはいたってシンプル。
4種類の「ぜいたく丼」からお選びください。
ランクが上がることにより豪勢な内容となります…!

880円
980円
1,280円
特上 1,580円

※価格は税別

特上のぜいたく丼を食べてみたよ

今回は最高ランクの特上を注文。
ご飯の上に山盛りの海鮮、うにやいくらをトッピングした豪華な1杯です。

 

つじ半が推奨する食べ方があったので、それに倣っていただくことに。

まずは黄身醤油にわさびを溶かし、丼全体にかけて。

 

フードコートだと侮るなかれ。
一口食べただけで心にしみ入る美味しさ。
ご飯に対して具材が多いので、とっても贅沢な気分。

海鮮はもちろん、きゅうりの食感やゴマの香りも素敵。いろいろなものが混ざり合うことで、食べていて楽しいですね。

気になっていた “うに” のくさみは全く感じません。これなら苦手な方でも美味しく食べられるかも?

 

箸を動かす手が止まらない。
丼を片手にいくらでも食べられそうな勢い…!

だけど一旦ストップ。
実はこちらのぜいたく丼、もうひとつの楽しみ方があるんです。

後半は鯛出汁の海鮮茶漬けに

お刺身にゴマだれ、そして鯛の出汁。

後半はこれらと一緒にいただきましょう。
特上に限らず、全てのメニューに付いてきますよ。

 

丼にお刺身を乗せて。
鯛の出汁をかけることにより、海鮮茶漬けの完成です!

 

鯛の出汁そのものが美味しい!
ゴマだれが混ざることによって、優しい甘さを兼ね備えています。

つじ半のぜいたく丼は、このように2度楽しめる。ボリュームもあってかなりの満足感を得られました。1,000円以下で食べられるメニューもあるので、気になる方はぜひ!

「日本橋 海鮮丼 つじ半」は、ららぽーと名古屋のフードコートに出店

お店の場所は3階。
フードコート内にあります。

お隣は「中華そば専門 田中そば店」。これから行く方は参考にしてみてくださいね。

行列の待ち時間について

気になる混雑具合について。
つじ半はフードコート内でかなりの人気っぷり。

オープン初日の様子を見た限りでは、天丼で有名な「金子半之助」に次ぐ行列の長さ。

今回、お店の近くギリギリに並べたのですが、それでも30分以上かかりました

多少の待ち時間は覚悟の上で。

日本橋 海鮮丼 つじ半 ららぽーと名古屋みなとアクルス店

営業時間 10時〜21時
ラストオーダー 20時30分
場所 3階フードコート
電話番号 052-655-5878

ららぽーと名古屋のフードコート情報はこちら

フードコートの注目グルメは他にもたくさん。パスタ、かき氷、天丼、ラーメンなどが集結しています。

以下の関連記事にまとめていますので、合わせてチェックしてみましょう!