【特集】ららぽーと名古屋みなとアクルス

文の助茶屋 名古屋店のかき氷。きな粉味の田舎氷が絶品!

かき氷を求めて名古屋を巡る。
今回ご紹介するお店は文の助茶屋

こちらは京都に本店を構える甘味処。名古屋には1店舗だけ、ジェイアール名古屋タカシマヤの6階にあります。名古屋駅から近いためアクセス良好◎。

店内では種類豊富なかき氷を提供していますよ。それでは早速メニューを見ていきましょう!

文の助茶屋のかき氷

メニューをチェック!

メニュー 価格(税込)
みぞれ氷 702円
いちご氷 702円
黒みつ氷 702円
宇治氷 702円
田舎氷 864円
宇治金時 918円
宇治の里 1,080円

宇治金時は、宇治氷に白玉と小豆をトッピングしたもの。

宇治の里は、宇治金時に抹茶わらびもち、抹茶アイス、きな粉アイスをトッピングした贅沢な一品です。

お好みでトッピング

小豆、ソフトクリーム各種216円(税込)

アイス、白玉2個、栗1個、みつ各種108円(税込)

きなこ尽くしの「田舎氷」

人気メニューの田舎氷(いなかごおり)。氷は大きすぎず、ほどよいサイズ感。おやつに食べるなら丁度いい分量です。

 

かき氷の天辺にきなこアイスと2個の白玉をトッピング。嬉しいことにデフォルトでこの状態なんです。田舎氷を注文する際、追加でトッピングは必要ないかもしれませんね。

一口食べてみるときな粉の優しい甘さが口の中に広がり、思わず満ち足りた表情に。自然と顔がほころびます。

店内なので声には出しませんが、心の中で「うまい!うまい!」と言いながら食べ進めていくと・・・

 

わらび餅を発見!
(写真を見ると実は最初から飛び出していたのですが、全然気付きませんでした。笑)

きな粉との相性は抜群。
一切れが大きいため食べ応えがありますよ。

心地よい舌触りがクセになり、しばらくのあいだ口の中でプルプル食感を堪能。ボリュームこそ少ないものの、これ1杯でかなりの満足感を得られますよ。

きな粉好きの方に是非食べてみてほしい…!

お食事メニューもあるよ

文の助茶屋のメニューは他にも盛りだくさん。

甘いものならパフェ、あんみつ、ぜんざい、わらび餅など。

さらにはお食事メニューも豊富。
丹波産地鶏を使用した親子丼や、お茶の香りがたまらない茶蕎麦を提供しています。これらはランチタイム、ディナータイムに関係なく注文可能。お腹が空いたら食べてみませんか?

店内について

店内はモダンな雰囲気。
おしゃれだけど気を張ることはなく、とっても居心地がいいですよ。

初回利用時のことを思い出してみても、初めてとは思えないほどリラックスできたので。

ちなみに店内奥の方にカウンター席あり。1人でも行きやすい空間です。かき氷や食事メニューを見て気になった方は、どうぞお気軽に足を運んでみてください。

文の助茶屋 名古屋店

営業時間 10時〜20時
ラストオーダー 19時30分
定休日 建物に準ずる
電話番号 052-566-8890
場所 名古屋高島屋6階