圧巻の彼岸花! 名古屋から半田市の矢勝川堤へ。

愛知県半田市の矢勝川堤
9月下旬になると彼岸花が咲き誇り、多くの人が訪れる人気スポット。

初秋の風物詩として、毎年楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。堤防沿いに咲き誇る彼岸花は鮮やかで、本当に美しいですからね…!

そこで今回は名古屋市を飛び出し半田市へ。見頃を迎えた彼岸花を撮影してきました!

この記事では、矢勝川堤に咲く彼岸花の写真をお届けします。また、名古屋駅からのアクセス方法をご紹介。名古屋から行く方は参考にしてみてくださいね。

矢勝川に咲き誇る彼岸花

堤防沿いに咲く彼岸花。
その数なんと300万本…!

情熱的な赤色はとっても刺激的。鮮やかで、美しい。

 

童話「ごんぎつね」の風景を再現しているんだとか。(ごんぎつねの作者である新美南吉さんは愛知県半田市出身)

 

田んぼアートとの共演。

 

白い彼岸花も。
赤色の中にひっそりと混じっています。探してみましょう!

 

彼岸花のある堤防は一部。
その長さは1.5km〜2kmほど。
名古屋駅から伏見駅くらいの距離感です。

彼岸花の鑑賞、写真撮影、お散歩を楽しみに足を運んでみませんか?

その際は歩きやすい靴で。
雨上がりの地面は滑ることもあります。足元には十分お気をつけください。

ごんの秋まつり開催

彼岸花の見頃に合わせイベントを開催!
期間中は、朗読付きの彼岸花ウォーク、マルシェ、彼岸花のライトアップなどが行われます。

マルシェには飲食店も出店。
ランチタイムに行くなら昼食にいいかもしれませんね。

<2018年のスケジュール>
9月20日〜10月4日

トイレについて

事前に知っておきたいトイレの場所。

当然、堤防沿いにはありません。
用を足したくなったら「新美南吉記念館」へ向かいましょう。

トイレの場所は建物の外。
案内板が出ていたので、近くにいけば分かるかと!

名古屋駅から半田市・矢勝川堤へのアクセス方法

最寄駅は半田口駅。
名鉄・河和線になります。

最短時間で行くなら名鉄名古屋駅から直通の特急に乗りましょう。以下の経路でアクセスできます。

名鉄名古屋駅

阿久比(あぐい)駅

半田口駅

※阿久比にトイレあり。半田口駅にトイレ無なし

乗車時間は30分ほど。
乗り換えに時間がかかる場合があります。

 

片道600円。
彼岸花の鑑賞にお金はかかりません!

名古屋近郊で彼岸花を観るなら愛知県半田市の矢勝川堤へ。見頃の時期なら息をのむ光景が待っているはずです…!