白鳥庭園の秋。紅葉とライトアップが綾なす和のイルミネーションにうっとり。

名古屋市熱田区にある「白鳥庭園」。
秋から冬にかけて紅葉が見頃になり、期間限定でライトアップイベント「あかりアート」を毎年開催しています。

ただでさえ美しい日本庭園が紅葉とライトアップによって彩られるため、庭園内に広がる景色は圧巻の一言。昼とは異なる雰囲気を楽しめることでしょう。

この記事ではあかりアート開催中の白鳥庭園の様子についてご紹介。写真を交えながら見どころについてお届けします。庭園内の様子が気になる方、行ってみようか迷っている方は続きをご覧ください。

17時以降は正門から入ろう!

白鳥庭園の入口は正門と北門の2箇所。

しかし17時以降は北門を閉鎖
入ることも出ることもできないためお気をつけください。

車でアクセスする場合は正門の近くに駐車場があるので大丈夫だとは思いますが、特に電車を利用する人は要注意です!

夜の白鳥庭園の見どころ

ライトアップされた庭園と滝

橙色の光に照らされた庭園。
なかには赤く染まった紅葉も。

暗闇の中、ライトアップによる光を頼りに散歩するだけでも十分楽しい!

 

こちらは白鳥庭園にある「雄滝」という名の滝。夜はライトアップによって麗しげ。

滝の近くには座るところがあるので水の音を聞きながら休憩するのもよさそうです。

 

写真を撮るのも楽しみのひとつ。
スマホやカメラを片手に巡り歩いてみましょう!

水面に映る紅葉

美しく輝く庭園を映し出す水面。
鏡のように反射する様はただただ綺麗。

ときには遠くから、ときには橋の上から水面に映る情景をお楽しみください。

雪吊りによる光のライン

秋になると設置される雪吊り
その役目は木の枝が折れないように守ること。木をまるごと円錐状で覆うように縄が張られています。

 

紅葉と同じく水面に写る景色が最高。
都会的なイルミネーションも素敵ですが、日本庭園で楽しむライトアップもまた素敵。情緒があっていいですよね。これぞ和のイルミネーション!

 

雪吊りの周りをぐるっと一周。
様々な角度から鑑賞・撮影して楽しみましょう。

この時期しか見ることができないため、しっかりと目に焼き付けておきたいところ。

光り輝く竹林の奥には・・・

白鳥庭園といえば竹林があることでも有名。夜になるとライトアップによって様変わり。光に照らされることによって緑色に輝いています…!

 

竹林の道に入って間近から見ることも可能。

長い道ではありませんが、迫力ある景色を楽しめますよ!

 

少し進んだところにあった大型花器による作品。2017年11月18日〜26日までの期間限定で展示されています。神々しい雰囲気が漂っているのでぜひともその目でご確認ください!

ちなみに大型花器による作品は全部で4つ。
庭園内のどこかにあるので探してみませんか?

ハートのフォトスポット

北門の近くにはフォトスポットを設置。
ハートを背景にしたり、ハートから顔が出るよう撮影して楽しんでみてはいかがでしょう。自撮りが難しければ周りにいる人に撮影を頼むのも手です!

 

ここからの景色も素敵。
ハートのシルエットが可愛らしいですよね。

2017年 あかりアートのスケジュール

期間:11月18日〜12月10日
定休日:月曜日
開園時間:9時〜21時(入園は20時まで)
ライトアップ時間:日没〜21時