【特集】ららぽーと名古屋みなとアクルス

「しなまつり」と「ぐるぐるカフェ」で沖縄や高知の名産を見つける

ららぽーと名古屋みなとアクルスの1階にある「しなまつり」では、日本各地の名産を販売。名古屋にいながら現物を見て買い物ができるんです。特に高知、沖縄の品が豊富!

店頭販売だけかと思いきや、実は店内にカフェを併設しているんです。

その名もぐるぐるカフェ
(とっても親近感のあるネーミング)

知らない人が多いのか空いている印象。土日でも並ぶことなく入店できました。

ゆっくりお茶をしたいときはもちろん、食事メニューも取り扱っているのでランチにおすすめ。どんなメニューがあるのか見ていきましょう。

各地の料理を味わえる「ぐるぐるカフェ」

ご当地グルメを提供。
各地の食材を使用したメニューもありますよ。

※価格は税別表記

沖縄ソーキそば

沖縄のグルメとして真っ先に名前が挙がるであろうソーキそば。ほろほろのお肉はやわらかくって、とっても甘い◎。

現地と比べると割高感は否めませんが、名古屋で気軽に食べられると思えば納得のお値段。

価格:910円

高知県産カツオのわら焼き丼

高知県産のカツオを使用。
ご飯の上に薬味と一緒にトッピング。
味噌汁と漬物がセットになった一品です。

 

6切れのカツオ。
ひとつひとつ身がしっかりとしており食べ応えがあります。

あえて要望を言うなら「ご飯の量を増やしてほしい」ということ。カツオ1切れで多くの白米を消費するため、後半足りなくなってしまいました…。がっつり食べたい人には物足りなく感じてしまうかもしれません。

価格:1,100円

神戸牛牧場のメンチカツ

胡椒が効いた粗挽きのメンチカツ。
肉肉しくてとってもジューシー。

1個単位から注文できますので、おかずにプラス1品いかがでしょう。

価格:280円

他にもこんなメニューがあったよ

  • 門司港クラシック焼きカレー
  • 高知県産活き締めタイの醤油漬けと釜揚げちりめんの2種丼
  • 神戸牛牧場のメンチカツ定食
  • つまんでご飯&宗田節の究極卵かけご飯

ドリンクメニューも豊富。
食事とセットで、もしくは一息つきたいときに立ち寄ってみませんか?

メニューは今後変更予定

ぐるぐるカフェのメニューについて、ららぽーと名古屋みなとアクルスのページにこう書かれていました。

各地の食材を使用する為、メニューもぐるぐる変更します!!

もしかすると先ほどご紹介したメニューは時期によって無いかもしれません。

「また次回」にすると食べられなくなる可能性がありますので、もし気になるメニューを見つけたらそのときに足を運びましょう。「食べたかったのに…」と後悔するまえに。

物販も。しなまつり店内で、沖縄、高知、岐阜の名産を発見!

物販エリアをぐるぐる。
すると沖縄、高知、岐阜の名産を発見しました。まるで現地のお土産屋さんにいるような感覚で、見ているだけでも楽しい!

 

沖縄土産の定番「紅いもタルト」
6個入りの箱、10個入りの箱、そしてまさかの1個単位で購入できる!

名古屋にいながら沖縄土産を買えるだなんて、ちょっぴり不思議な気分。

ほかにも黒糖を使用したお菓子、沖縄そば、ラフテー、お酒、お茶、調味料などを販売。実に豊富なラインナップでした。

もしかするとこの先沖縄でお土産を買い忘れてしまうことがあるかもしれません。そんなときの解決案として覚えておくといいでしょう。

 

続いては高知エリアから。
柚子や生姜にちなんだ品々を購入しました。

様々な商品があったので、柚子や生姜の香りが好きな人はぜひここへ!

 

岐阜高山エリアは小規模。
しかし、お酒の種類は多め。
おつまみにぴったりなお肉の燻製やチーズと一緒に並べられていましたよ。

「しなまつり」と「ぐるぐるカフェ」の場所はららぽーと名古屋の1階

2018年9月オープンのショッピングモール「ららぽーと名古屋みなとアクルス」に出店。

お店の場所は1階。
ATMコーナーの隣に位置します。

各地の名産はここで紹介しきれないほどの量。続きは店内でお楽しみください。季節に応じて商品も変わるそうなので、定期的に訪れたいですね。

しなまつり – ぐるぐるカフェ

営業時間 10時〜21時
ラストオーダー 20時