アムールデュショコラ2017の混雑状況・整理券情報(名古屋高島屋)

2017年1月20日~2月14日までの期間、ジェイアール名古屋タカシマヤの10階でアムールデュショコラ2017が開催。国内外の有名チョコレートブランドが集結する、例年大人気のイベントです。

ここ名古屋会場は、全国各地で行われているアムールデュショコラの中で一番の売上を誇るとのこと。つまり、大変な混雑が予想されます。

実際のところどれほど混雑しているのか、気になる方もいると思います。そこで、1月21日(土)の開店前行列に並び、オープンと同時に入店してきました。整理券の情報や入手場所、混雑具合についてお届けします。これから行く予定の方は参考にご覧下さい!

整理券について

整理券が必要なもの

■オードリー
フルーツガナッシュスペシャルBOX

■クラブハリエ
抹茶ブラウニー

■クラブハリエ ヴァンクール
ヴァンクール

■パティシエ エス コヤマ
テリーヌ ドゥ ショコラ Hekkonda

■ねんりん家
ショコラがけ マウントバーム 抹茶金箔のせ

整理券の配布場所

午前9時から地下2階入口前にて配布されています。

場所を詳しく説明すると、名駅の金時計から銀時計へ向かって歩いていくと階段があるかと思います。

amour2017-1

この長い階段を下りてUターン。
そのまままっすぐ進みましょう。案内の人や行列によって目立つのですぐに分かることでしょう。

気になる行列は・・・

やっぱり気になるのが、どれくらいの人が並んでいるのか。開店する約1時間前の、9時5分に訪れた時の写真がこちらになります。

amour2017-0

すごい人…。
1時間前でこんなにも人がいるとは思いもしませんでした。正直言って予想以上です…。

というわけで、確実に整理券が欲しい場合はできるだけ早く行くことをおすすめします。「1時間前だから余裕だろう」という考えは捨てましょう。

1階入口の行列

金時計から歩いてすぐのところにあるタカシマヤへの入口。今回はそちらに並んで入場したので、その時の状況を残しておきますね。ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです。

エスカレーターとエレベーターで行列が違う

並んだところは2つの入口が近くにあったのですが、エレベーター用とエスカレーター用で分かれていました。最前列へ行けば確認できるので、目的に合わせて使い分けましょう。

9時30分の様子

amour2017-2

こちらがエスカレーター用の入口。まだ2人しか並んでいません。

 

amour2017-3

続いてはエレベーター用の入り口。
ものすごく続いているように見えますが、並んでいるようで並んでいません。

並びたいけど人目が気になる。だから近くで待機している。そんな人たちの集まりです。中には、ただの待ち合わせでここにいた、という人もいました。

一列に並ぶと行列が長くなって迷惑なだけなので、上記写真のようにスペースがあれば詰めて大丈夫かと思います。せっかく開店前から来ているのだから恥ずかしがらずに並びましょう!

9時50分の様子

amour2017-5 amour2017-4

開店10分前ということで、どちらの入り口も長蛇の列。見えないほどです。

私からのアドバイス

エレベーターを使う際のコツは、あえて最前列に並ばないことです。なぜかというと、真っ先にエレベーターに入ると奥から詰めることになるからです。そうなると残念なことにエレベーターから降りるのが最後になってしまうんです。

スタートダッシュを切りたいのであれば、前から3列目ぐらいがいいのではないかと思います。私はこの作戦に成功して素早く行動できました(笑) ぜひとも参考にしてみてください!

会場の混雑状況

10時から12時近くまで会場にいました。初めは30分はイートインの行列に並んでいたのですが、会場を見渡してみると人の多さに驚くばかり。その後お昼が近くなって人が減るかな?と思ったのですが、一向に減らない。

訪れたのが土曜日ということもあり、空いている時間帯というのはないのかもしれません。もしかすると夕方空いているのかもしれませんが、お目当てのチョコレートが売り切れてる可能性もあります。

また、かなりの人口密度で歩くのも大変でした。買ったチョコレートを手にもって持ち歩く場合、体の前にキープしたほうが安全だと思います。すれ違う時にぶつかったりする可能性があるので。傷つけることなく待ちかえりましょう。

※追記:1月27日再訪
金曜日の14時頃に訪れましたが相変わらずの混みっぷり。いつ行っても混雑していることでしょう。。ただ、土曜日と比べて試食できる機会が増えました。生チョコレートを丸々1個試食させてくれたロイズさんには感謝しかありません。

イートインの混雑状況

会場内で食べることのできるイートインコーナー。こちらも常に行列ができており、非常に賑わっていました。テレビでも紹介されていたドミニクアンセルベーカリーへと行ってきたので、その様子を以下の記事にまとめました。参考にご覧下さい。

関連記事⇒ドミニクアンセルベーカリーを名古屋で味わう!