名古屋ふらんすの店舗「ラトリエ・ドゥ」が栄にオープン! チョコミントのケーキが美味しい!

名古屋土産として有名な「名古屋ふらんす」。

名古屋周辺に住んでいると食べる機会はあまりないかもしれませんが、きっと誰しも一度は見たことがあるであろう商品。新幹線に乗車するとき、お土産として購入していく人も多いのではないでしょうか。

その名古屋ふらんすを手がけるアトリエが、2017年10月4日に新しく店舗を展開。”スイーツのアトリエ” をコンセプトにしたお店「ラトリエ・ドゥ 名古屋ふらんす」を名古屋・栄にオープンしました!

店頭では名古屋ふらんすの他にも様々なスイーツを販売。2つ購入してみましたのでご紹介します。美しく可愛らしいスイーツの数々は必見ですよー!

見る者を魅了する「フランコロン」

美しい見た目が特徴的なケーキ「フランコロン」。

店頭のガラスケースを見ていて「なんてキレイなんだろう」と一目惚れ。ケーキの中身や味が気になるところではありますが、購入時点ではあまり意識せず、ほぼ見た目だけで購入を決意。

ちなみに「ラトリエ・ドゥ 名古屋ふらんす」で取り扱っているフランコロンの種類は3つ。

  • 赤のフランボワーズ
  • 青のミント
  • 白のフランボワーズ

その中から個人的に一番美しいと感じた「青のミント」をチョイス!

 

少しばかり緑がかっている青。
ターコイズブルーと表現した方が近い色合いかもしれませんね。

 

山のようなボリューム感。
まるでかき氷のよう。

 

山頂には透明なゼリーをトッピング。
光に反射して輝く姿は本当にキレイ。

 

断面はこんな感じ。
外側から内側にかけて、上から下にかけていくつもの層になっています。

気になる表面の青いものはホワイトチョコレート。ケーキの中身には、ミントチョコムース、粒状のチョコレート、アールグレイのムース、粒状のメレンゲ。

口の中ではチョコのパリパリ感、ムースのなめらかでふんわりとした食感を楽しむことができます。フランコロンひとつで様々な食感を楽しめることもあり食べ応えがありますよ!

 

ミントの香りはそれほどキツくない印象。

さすがに口の中に入れるとミントを感じますが、ムースやチョコレートのおかげで控えめ。甘さの中にスッキリとした味や香りが広がることで、くどいと感じることなくあっという間に完食。

「ミントの強い香りが好き!」という人には少々物足りないかもしれませんが、個人的には上品で爽やかな甘さを味わえて満足。チョコミン党の人にはぜひ食べてみてほしい一品!

ぐるぐるカワイイ「エスカルゴ」

こちらはちょっと変わった形をしたケーキ。

フランスのエスカルゴをヒントに作られました。ぐるぐると渦巻いた側面が可愛らしいですよね。

 

仕上げにはホイップクリームを使いフルーツをトッピング。今回ご紹介したエスカルゴはイチゴ味になりますが、このほかにもブドウや抹茶などを取り揃えています。それぞれが並んでいる姿はカラフルでとっても可愛らしいですよ!

名古屋ふらんすのケーキを手土産に

このほかにも「ラトリエ・ドゥ 名古屋ふらんす」の店舗にはスイーツがたくさん!

買ってすぐにでも食べたいところではありますが、残念ながらイートインスペースはありません。店舗にて購入するとスイーツ1つから丁寧に包装してくれるので、食べるのは家に帰ってからのお楽しみということで。

 

ちょっとした手土産にもいかが?

やはり「名古屋ふらんす」と聞くと思い浮かべるのはお土産用の洋菓子。「名古屋ふらんすで買ってきたよ!」と言って渡すと驚かれるかもしれませんね。

<ラトリエ・ドゥ 名古屋ふらんす>
営業時間:10時〜19時30分
場所:名古屋三越 栄店 B1F
公式サイト:http://www.nagoyafrance.co.jp/