名古屋駅でひつまぶし。「まるや本店」の鰻に舌鼓を打つ

名古屋駅にあるグルメ街「うまいもん通り」。

その一角にあるのが鰻の専門店「まるや本店 JR名古屋駅店」。

名古屋めしのひとつである「ひつまぶし」を食べられるお店として有名。新幹線の改札口から近くアクセスしやすいこともあり連日多くの人が訪れている人気店です。

 

観光客におすすめしたいのはもちろんのこと、店内にはカウンター席があるので「出張のため1人で名古屋に来た」という方にもおすすめ。

この記事では、まるや本店JR名古屋駅店で食べられるうな丼やひつまぶしに関して写真をたっぷり使ってご紹介します!

最後の方では行列の待ち時間について触れているので、これから行ってみようと検討している方の参考になれば幸いです。

まるや本店の️うな丼

まず初めにご紹介するのが上うな丼

肝吸いをセットにしたので価格は税込3,370円。

 

注文後しばらくすると運ばれてきたものがこちら。肝心の丼は高級感のある木箱に覆われていました。

 

箱の上部にはまるやのロゴ入り。

さっそくパカッと開けてみると・・・

 

 

上うな丼の登場!

4きれしかないように感じるかもしれませんが、器自体が大きく鰻の切り身も大きいんです。なんといっても鰻約1匹分を使用していますからね

 

ごらんください、この輝きを!

 

表面はパリッと香ばしく、中身はふっくらとした食感で口の中が幸せでいっぱい。タレのかかった白米も絶妙で、ご飯を掻きこむ箸の勢いが止まりませんでした。

 

セットで付いてきた粕漬けもまた美味い!

苦手な人にとってはちょっとお酒くさいかもしれませんが、個人的には好きな味。お酒の香りが口から鼻に抜ける感じが心地いいんです。

 

香りのいい肝吸いもおすすめです。プラス150円で付いてくるので是非セットでお楽しみください。

まるや本店のひつまぶし

続いては名古屋めしのひつまぶし

税込2,838円。肝吸いのセットにすると3,065円。

 

ご飯の上に敷き詰められた鰻が美しい…!

上うな丼と同じく約1匹分の鰻を使用しています。

ひつまぶしには食べ方があるので順を追って説明させていただきます。

そのままのお味で

まずはひつまぶしをそのまま器によそってお召し上がりください。

もう本当にこれだけで美味しいから食べすぎないようご注意ください。ひつまぶしをより楽しむため次のステップがありますから。

どのように食べるかは個人の自由ですが、せっかくなので名古屋的な食べ方をお楽しみいただければと。

薬味を添えて味に変化を

続いては薬味と一緒に。
手前からネギ、わさび、大葉を自由にトッピングしましょう!

別途、のりもあるのでお好みで振りかけるのがよろしいかと。

 

ノーマルな状態のひつまぶしと比べ、薬味がアクセントになりさっぱりとした味わいに変化。特に大葉との相性が最高なのでぜひお試しあれ。

各薬味はお代わりすることもできるので遠慮なく食べちゃってください!

シメはお茶漬けで

ラストは熱いお茶を注ぎ、お茶漬けにしてお召し上がりください。店員さんに一声かけるとお茶漬け用のお茶を持ってきてくれます。

お茶漬けにすることで鰻のタレがお茶に染み渡り、濃い味付けながらも優しい味に仕上がるんです。シメにぴったり!

 

さきほど登場した薬味と一緒に食べても美味しいですよ!

お茶漬けにはワサビが合いますからね!

特上やミニサイズのひつまぶしも

さきほどご紹介したメニューは「上ひつまぶし」。

まるやではこの他にもひつまぶしのメニューがあるので載せておきますね。

 

こちらは特上ひつまぶし
通常、鰻の量は約1匹なのですが、特上になると約1.5倍もの量に。鰻をがっつり食べたい人におすすめのメニューです。

ただ値段がお高いところがネック。。何度も名古屋に来る機会があるのであれば上ひつまぶしの量で十分かもしれませんが、滅多に名古屋へ行かない方にこそ特上を食べてほしいですね。お腹の中を美味しい鰻で満たしてから帰っていただきたい。

 

今度は逆にミニサイズのひつまぶし
通常の約半分の鰻を使用しています。

こちらは名古屋めしをたくさん楽しみたい方におすすめ。というのも、まるやの近くには台湾ラーメンで有名な味仙、あんかけスパゲティのあるチャオなど、名古屋めしを食べられるお店が多くあるんです。

このあとも食べたい名古屋めしがあるという方は、満腹にならない量の方がいいのかも。

また、比較的リーズナブルな価格なのも嬉しいポイントですよね。

1日10食限定のメニューも

メニューを見ていると「塩だれひつまぶし」というものを発見。7種の薬味でひつまぶしを楽しめるようです。通常のものより少し値段が高い程度なので、気になる方は注文してみてはいかがでしょうか。

みなさん王道のメニューばかり注文するので意外と狙い目かもしれませんよ?

サイドメニューも豊富な️「まるや」のメニュー

まるやのメニューはひつまぶし、丼だけではありません。豊富なサイドメニューを取り揃えています。

 

長焼き、白焼きとのセットメニュー。

 

うまき、きも焼き、きもポン、手羽先など。お酒のおつまみに食べたいものばかりですね!

ソフトドリンクのほかにビール、日本酒、焼酎、ワイン、梅酒やサワーもあるので是非お酒と一緒に食べてみてはいかがでしょうか。

 

今回、2人で丼とひつまぶしを食べたのですが、「箸休めにつまめるものがあるといいよね」ということで”うまき”を注文。

ふんわり卵に包まれた鰻がたまらなく美味しかったですよ…!

 

大根おろしとの相性も抜群。大葉は1枚しかありませんが、そんな時はひつまぶしとセットになっている薬味の出番!

鰻を食べているとどうしても濃い味が続いてしまうので、さっぱりとした味わいで口の中を満たしてあげてくださいね。

テイクアウトもあります

まるや本店ではひつまぶしをテイクアウトすることもできます。

注文してから作るようなので10分〜20分の時間はかかるようですが、並ぶ時間もないくらいお急ぎの方はこちらの方がいいかもしれませんね。

持ち帰り、駅弁としてそのまま新幹線で食べるのもいいでしょう。

行列に並ぶことは避けられない? 待ち時間はどれくらいかかるのか

まるや本店はランチタイム、ディナータイムに限らず行列ができているほどの人気店。

ということは、避けられないのが行列に並んでの待ち時間

今回、時間をメモしておいたので当時の様子についてお届けします。

 

こちらはとある金曜日の17時近くの写真。

座って待っているお客さんのほか、立って待っているお客さんの姿もありました。

この行列に並んでみたところ、店内に入るまでにかかった時間は20分ほど

その後メニューを見て注文。料理が到着したのは入店してから約15分後でした。

食べる時間はあっという間だったので並び始めてから退店するまで1時間くらい

なにを食べようかメニューを見て迷っていた時間も含みますが、目安として考えていただけたらと思います。

ちなみに、お店を出る18時くらいにも同じ長さの行列ができていましたよ。

 

この写真は別の日に撮影したものですが、店頭ではこのように待ち時間の目安をアナウンスしています。あくまで目安ですが、参考にしてみるといいかもしれませんね。

まるや本店の鰻は並んででも食べる価値があると思っているので、名古屋へお越しの際は是非お立ち寄りください!

<まるや本店 JR名古屋駅店>
営業時間:11時〜23時
ラストオーダー:22時
定休日:なし